メニュー
ご予約
地図

産後3ヶ月で抱っこをしていると左肩が痛む(38歳女性)

元々肩こりは気にはなっていたみたいですが、生後三ヶ月の子供を抱っこしていると左肩がピキッと痛むようになってきて、重たいものを持ち上げたり、固い引き出し を開けるときなどに痛みが出ていたそうでした。整形外科に行ったところ頚椎のカーブが逆転していると言われ、近所の接骨院に行ったがあまり変化はなくて、子供を抱っこす ることは多くどんどん重くなっていくので困っていて、インターネットで検索して託児もして頂けるリガーレαカイロプラクティック新宿へ来院されました。

初回の状態

首の可動域検査では、首を右に倒すと突っ張り感が左側にあるのと、左に倒すと右の肩辺りに痛みがありました。 姿勢検査では、左肩が前方に突出しているのと、左肩甲骨が浮いているような状態がみられました。 肩甲骨間と上部頚椎が著しい緊張がありました。

施術後の変化

左の首から肩にかけて着いている筋肉(肩甲挙筋)が、姿勢的なアンバランスによって負担がかかっており、肩甲挙筋へのアプローチを中心に施術を行っていきました。 初回は、肩甲骨に動きをつけながら肩の位置を戻していく事と、硬さが顕著だった部分へ動きを滑らかにするために背骨の矯正を行いました。施術後は重たいものを持ってもらっても痛みの誘発はなくなるまでになりました。 2回目は子供を預けられる人がおらず、約1ヵ月後に来院されました。子供を抱っこしてもピキッとした痛みはなくなったものの、元々の肩こりがあるため、継続して施術を行いました。 その後は不定期に身体のメンテナンスのために来院されています。

施術計画

担当者からのコメント

この方は慢性的に左肩が前に出る姿勢習慣があり、肩甲骨が外側に向いた状態で固定されてしまったため症状を引き起こしていました。左肩が前に出る姿勢習慣により左側の首から 肩にかけてついている筋肉が常に伸ばされた状態で負担がかかってしまっており、そのために筋肉を使う動作で痛みが出ている状態でした。 産後は抱っこや授乳などで丸まった姿勢を取ることが多いです。カイロプラクティックの背骨・骨盤矯正で身体のバランスを整え、柔軟性を高めるストレッチを行うことで負担を減らすことができます。 産後の様々な症状にお悩みの方はリガーレα・カイロプラクティック新宿にお気軽にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら