メニュー
ご予約
地図

20代デスクワークのカオリさん、歯ぎしりによる朝の顎の痛み

20代デスクワークのカオリさん、(世田谷区在住)歯ぎしりによる朝の顎の痛みと頭痛・吐き気があり、肩こりがつらく仕事にならない状況が続いていました。インターネットで顎の対策を検索し、リガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

<初回来院時の状態> 立位姿勢での猫背傾向と肩の高さの左右差が見られた。 座位での体幹回旋運動の可動制限が見られた。 開口時の関節可動に軸のブレが見られた。

施術後の変化

<経過> 初回: 頚部、胸背部、腰部のアジャストメントを行い、脊柱起立筋の硬縮をリリース。 肋骨の矯正及び、肩甲胸郭関節の動きをつけるモビリゼーションを行った。 肩甲骨と背骨を結ぶ筋肉、股関節周囲の筋肉に対するアプローチを行った。 施術後、顎関節の可動域が上がり、開口しやすくなった。 顎に負担をかける日常動作に対するアドバイスを行い施術を終了した。 2回目(5日後) 毎日家でのストレッチを行い、顎関節の動きが改善し、頭痛の頻度が2日に1度から4日に1度になった。脊柱起立筋および体幹側部の筋肉の緊張をリリースし、肋骨、肩関節のモビリゼーションを行った。家での大腰筋のストレッチをアドバイスして終了。 3回目・4回目(7日後) だいぶ調子が良い。 忙しい日が続くと姿勢がもどるので、定期的なメンテナンス施術に移行した。 仕事が忙しくなり、ストレッチが出来ない日が続いて首の緊張が戻ってきた。

施術計画

担当者からのコメント

<担当 コメント> 中学の頃から悪い姿勢の状態が続いていたとのことです。カイロプラクティックの矯正と日常姿勢の改善をしてもらうことで、早期に回復が見られました。 最近は小学生や中学生から頭痛、肩こりを感じているケースが少なくないです。姿勢の悪さを感じたら、出来るだけ早い時期に背骨の専門家(カイロプラクター)にご相談されることをお勧めします。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら