メニュー
ご予約
地図

去年からひどい腰痛、仕事を休んでもすぐに悪化(20代女性)

介護士をしている20代女性が、去年から続く腰痛に困り、整形外科を受診をされ、検査をした後に、痛み止めの座薬と筋肉の緊張を解くための薬、およびその薬による胃の荒れを予防するため胃薬を処方されたそうです。薬を服用してから、1週間仕事を休んだあとにコルセットをして仕事に復帰しましたが、再度悪化してしまい、もっと根本的に治したいと考えてインターネットで検索してリガーレαカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

腰部中央が詰まる感覚がみられ、前屈も後屈も痛みがでており、左側の腰に強い痛みがみられました。

施術後の変化

1回目の施術後は、腰部の張りや痛みが減少していて、動きが少し楽にできるようになりました。また、症状がやや改善したことと、痛みがでにくくなるようストレッチのアドバイスと腰の負担を減らせるような身体の使い方の理解によって、症状再発の不安が薄れ、笑顔で帰宅されました。 2回目来院時は、経過良好でした。腰の痛みは感じておらず、肩こりの症状を気にしていました。腰に関しては痛みの再発予防のためにメンテナンスとしての施術と、肩の症状に対する施術をしました。その後1~2週間の間隔で様子を見てメンテナンス治療に移行していくことになりました。

施術計画

担当者からのコメント

介護士という職業柄、腰を酷使するために自分自身の身体もなるべく負担がかからないよう工夫して作業をする必要がありました。専門学校では特に介護する側の身体の使い方を習ったわけではなく、腰の筋肉はもちろん、身体全体が過剰に疲労して症状が出ていたと考えられました。 そのため、腰痛を予防できるような基本的な身体の使い方、腰の筋肉疲労を回復できるようストレッチをアドバイスしました。 定期的なメンテナンスがもちろん効果的ですが、普段のちょっとした身体の使い方で、腰痛の予防もできます、腰の負担が多くかかる人は動きのアドバイスやストレッチである程度、自己コントロールできるようにカイロプロテクターがサポートさせていただきます。 身体のちょっとした悩みでも気軽に相談しにいらしてください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら