メニュー
ご予約
地図
ギックリ腰

妊娠2ヶ月、引越し後ぎっくり腰に(30代女性)

一ヶ月まえから腰痛があったが、昨日引越しをしていて、ぎっくり腰になりました。全ての動作で腰に激痛が走っていました。
まだ妊娠2ヶ月でこんなに痛くなってしまい、これからの妊婦生活がとても不安でした。妊婦でも治療してもらえる所をインターネットで探して、リガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

股関節周りの筋肉が過緊張しており、椅子から立つ、歩くなどの動作で強い痛みがみられました。 妊婦用骨盤ベルト(トコちゃんベルト)を締めると痛みは少し軽減するがまだ歩くのはつらそうでした。

施術後の変化

1回目来院、背骨周囲の筋肉及び、股関節周りの筋肉の緊張緩和操作を行い、脊柱起立筋(背骨に沿って走っている筋肉)の緊張を軽減させました。 まだ痛みはあるものの、トコちゃんベルトをしめれば歩くときの痛みがそれほど強くなくなりました。 2回目来院、骨盤ベルトを付けていれば、生活上支障がない状態まで改善しました。 ベルトなしだと立ち上がるときに少し痛みがみられました。 骨盤矯正と、筋肉の緩和操作をおこない、可動域を改善させたところ、ベルトなしでも痛みがほとんど気にならなくなってきました。 3回目来院、腰痛はほとんど気にならなくなったが、映画館で映画を見終わったころに尾底骨の辺りが痛くなってきました。 腰がしずみ込むような座り方で映画を見ていたため、軽い骨盤のゆがみと筋肉の過緊張がおきてしまいました。 妊婦さんの時期はちょっとしたきっかけで腰の症状が再発しやすいので、家でのストレッチと座るときの姿勢指導を行いました。 施術後、違和感が消失したので、4回目以降はメンテナンス治療に移行し、一月1回のペースで通院していました。

施術計画

担当者からのコメント

まだおなかが大きくなっていなくても、妊娠した時点からリラキシンというホルモンが分泌され骨盤が弛緩するので、腰痛になりやすい状態でした。逆におなかが大きい妊娠後期に急性腰痛になると、腰部の負担が大きい為、治りにくいケースがありますが、今回は急性腰痛が発生してすぐに来院された事と、妊娠初期だったこともあり、比較的少ない来院回数で腰痛が改善できました。その後も再発予防の為に月1回メンテナンスの施術に移行しました。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら