メニュー
ご予約
地図

2年前からの臀部の痛み股関節の鈍痛(30代女性)

30代デスクワークの女性が2年前からの臀部痛、1年前からの股関節の鈍痛を訴えて来院されました。
おしりの痛みは寝返りをした時など、腰をひねる動作で感じ、股関節の痛みはジムで運動をしたあとに鈍く感じました。

初回の状態

右でん部と腰部の背骨横を走っている起立筋に過剰な緊張がみられました。 股関節が硬く、腰を丸くして座るクセの為、腰椎は後湾がみられました。

施術後の変化

初回:股関節の動きを付けるための矯正と股関節周囲の筋肉の緩和操作の後、骨盤の矯正をおこないました。 頸部、頸胸移行部にも可動域の制限と押して痛みが見られたので矯正を首肩周囲の筋肉には緩和操作をおこなっていきました。 施術後、寝返り姿勢での臀部の痛みは軽減して家での股関節周囲の筋肉ストレッチをアドバイスしました。 2回目(7日後):前回の施術後、寝返りでの痛みがほとんどなくなり、骨盤にゆがみが戻ってきていたので、再度矯正を行い、周囲の筋肉の調整を行っていきました。 3回目(7日後):でん部の痛み、股関節の鈍痛は消失しました。運動後に脇腹の痛みが出ていて、横隔膜の緊張を調整し、骨盤の矯正を行い施術後、脇腹の痛みは消失しました。 4回目、5回目(10日間隔):継続して施術を行い、状態が安定してきたので、月1回のメンテナンスに移行して来院されることにしました。

施術計画

担当者からのコメント

骨盤、股関節周りの可動性が低下して、腰やでん部、股関節に症状を訴えるかたは多く、中には、その症状が収まったあとに、他の場所に症状がでることがありますが、同じく骨盤からきている場合が多いです。 骨盤が安定してくればそれらの症状は消失していきます、それまでは根気よく施術とストレッチを続けることが大切になってきます。 年末の忙しさや掃除などで無理をして症状を引き起こすことも多い時期で違和感を感じたら、早めに対策されることをお勧めします。 骨盤周りに症状が出てきた場合は、ぜひカイロプラクティックの治療院にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら