メニュー
ご予約
地図

慢性的な腰の張り(30代男性)

30代男性が、慢性的な腰の張りを訴え来院されました。昔からこの症状はあり、特にきっかけはないように思うとのことでした。デスクワークで座っているときにつらくなってきました。時々ギックリ腰も繰り返し起こり、最近では2ヶ月前にギックリ腰になったばかりでした。時々マッサージに通っていましたが、根本的な改善をしたくてリガーレαカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

腰全体的に張っているような重だるさがありました。 腰を後ろに反らす動作をすると、腰の下部み痛みがでてきました。 前屈すると、かなり硬く(手は地面にはつかない) 全体的に腰のカーブが少なくなっていて、腰の下部のみ反り返りが強くみられました。

施術後の変化

一回目の治療で腰のわん曲を正常化する治療と、足のストレッチをメインに行いました。 一回目の治療後、かなり腰が軽くなった感じがあり、自宅でもストレッチを行うようにアドバイスしました。 仕事がとても忙しく、2回目は2週間後に来院されました。腰はストレッチを行ったら2週間経っても以前のようなつらさはみられなく、むしろ肩などがつらいとのことで肩も含め全身的に調節しました。 以後は月に1~2回程度のメンテナンス治療を行いながら、様子をみるようにしていきました。

施術計画

担当者からのコメント

腰のわん曲が乱れていて負担がかかっていたのと、足の堅さが原因の腰痛だと思いました。このタイプは腰の矯正を行い、腰周囲の筋肉を緩めれば、とりあえずその場は楽になりました。しかし根本的な改善という点ではそれだけでは不十分で、""腰に負担をかけている因子""を探さなければ、治療後数日すると元通りに戻ってしまいます。 この方は足の筋肉が堅いために前屈ができていない状態でした。特にハムストリングという太もも裏の筋肉が固まっていて伸びない状態だったので、ハムストリングによって骨盤が下に引っ張られているような状態で腰に負担がかかっていました。 このような状態だと、自分でも日頃からストレッチをして柔らかく保つことが必要でした。この方はがんばってストレッチしたので、治療後の軽い感じが長続きしたのだとおもいました。 仕事で忙しいみたいですが、普段から身体を柔らかく保っておくことで、疲労もたまりにくくなるのではなかと考えられました。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら