メニュー
ご予約
地図

夕方になると毎日頭痛がする(30代女性)

ここ数ヶ月前から、慢性的に肩凝りを感じるようになり、肩凝りは段々ひどくなってきていて、最近では毎日夕方あたりに頭痛がしていたそうでう。痛みは鈍く締め付けられるような感じで、市販の薬を飲むとおさまりはするけれど、このまま毎日薬を飲み続けるのはどうかと思い、同僚のご紹介でリガーレカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

首を動かすことによる痛みはないけれど、首の左回旋(左を向き)の可動域が減少しており、また右側屈がしずらい状態で左頚部がつっぱっていました。 後方から見た姿勢では左肩が大きくあがっており、側方からみた姿勢では頭部が前方に突出し(クレーンネック)、肩が前方に入っていていわゆる猫背の状態でした。 左側の肩甲挙筋・胸鎖乳突筋、後頭下筋に緊張が強く、筋肉を押圧すると頭部(頭痛を感じる部位に一致)に響く緊張がみられました。

施術後の変化

1回目の施術 頭痛の種類や痛みの質、筋肉の状態などから考えて、肩こりからくる頭痛(緊張型頭痛)の可能性を考えて施術にあたり、 脊柱(特に上部胸椎)と肩甲骨のモビリぜーション及び、肩甲挙筋のストレッチと後頭下筋の緩和操作を行い、頚部の矯正を行いました。日常生活での注意事項(パソコンのモニターの位置)や肩が内側に入っていることが、姿勢に強く影響していると思われため胸筋のストレッチを行ったもらうようアドバイスさせて頂きました。。 2回目の施術(1週間後) 2,3日良い状態が続いたものの、その後段々元に戻ってきてしまっていて、検査上、後ろからみた姿勢で左肩の上がり方の現象が確認でき、前回同様の施術を継続して行いました。 3回目の施術(1週間後) 夕方に頭痛になることがなくなり、薬を飲まないで大丈夫になり、肩凝りはまだ残っているが、気になるほどではなくなったとのことでした。

施術計画

担当者からのコメント

この患者さんはとにかく猫背姿勢が強く、姿勢の悪さが症状に大きく関わっていると見受けられました。関わりの強いエリアとして左の肩をあげている肩甲挙筋と肩を内側入れる胸筋(大胸筋、小胸筋)のストレッチをしっかり行っていきました。カイロプラクティックの施術とともに日常生活の注意事項を案内し、パソコンのモニターの位置なども変更してもらいました。そのことも症状の早期改善に関係していると思われます。肩凝りを伴う頭痛でお悩みの方はお早めにリガーレαカイロプラクティック新宿にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら