メニュー
ご予約
地図

首や背中、腰の慢性的な張り(30代男性)

慢性的に首、背中、腰に張りがありました。仕事がデスクワークで、仕事をしているときやじっとしていると張りが強くなってくるように感じていて、動くと楽になるような 気がしました。頭痛は時々感じて、首から眼の奥にくる感じがありました。今までは疲れるとマッサージに行っていたが、根本的に解決したいと思い、リガーレαカイロプラクティックに来院されました。

初回の状態

首は全体的に重たく感じている。 背中は肩甲骨のやや下あたりに張りを感じていました。 腰は中心部に重たさをとても感じていました。 姿勢分析をすると、頭の位置が正常よりも2~3センチほど前にあり、背中の張りを感じている付近の背骨のカーブが大きくなっていて、背中が丸まっているような印象でした。腰は下部が反り返っていました。 可動域検査をすると、全体的に背骨が動かなくなっている印象でした。

施術後の変化

姿勢が悪いのと、背骨がうまく動いていないのが問題と考え治療をしていくことにしました。 初回は姿勢を正すためのストレッチや、背骨の動きをつけるための矯正を行い、全体的に軽くなりました。 初回から4回目までは1週間間隔で治療していき首の張りが、仕事によって戻りやすい状態が最初はありました。しかし、4回の治療でだいぶ落ち着いていきました。 それ以降はメンテナンス治療として、3~4週に一度メンテンスに来るようにしました。。

施術計画

担当者からのコメント

慢性的な張りの場合、マッサージなどでつらいところをほぐしてあげれば、その場は楽になったり気持ちよかったりします。しかし慢性的になっていれば なっているほど姿勢的な問題が強くなり、姿勢のアンバランスを改善しないと、いつも同じところに負担がきてしまい、すぐに症状が出てきてしまいました。 この方の場合、頭が前に出ていることで首の筋肉に負担がかかりすぎていたことと、背中の丸まりが強く、その周囲の筋肉が強い疲労を起こしてしまっていたことが原因でした。姿勢は関節と筋肉のバランスで成り立つため、その両方をしっかり施術することが大切となっていきます。 姿勢を保ちやすくするためのストレッチも教えていますので、慢性症状でお悩みの方は是非一度ご相談しにいらしてください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら