メニュー
ご予約
地図

産後2ヶ月、お尻の張りや恥骨痛が気になる(30代女性)

出産後すぐに恥骨の痛みやお尻の張りが気になるようになったそうです。お尻は常に張っているような 感じがあり、恥骨の痛みは不定期で、歩いていると痛みが出ることがあり、寝返りなどで痛みが出ることもある状況だったので、骨盤ベルトも使ってみたものの、 骨盤にあたる部分が痛く長い時間つけていることができなかったようです。

産後のケアをしたくて、インターネットで検索し託児サービスのあるリガーレαカイロプラクティック新宿へ来院されました。

初回の状態

腰や股関節の可動域検査では、恥骨の痛みは誘発されませんでした。 左右ともにお尻の筋肉が強く緊張しており、骨盤の開きとともに、捻れおよび腰の反り返りが強く、腰と股関節を結ぶ筋肉が強く緊張している状態でした。

施術後の変化

骨盤の不安定さと歪みにより恥骨に負担がかかって痛みである可能性が高い状態だったので、初回は骨盤ブロックを使って、骨盤の捻れと開きを改善させる調整を行い、大腰筋というおなか側の腰と股関節を結ぶ筋肉を緩める施術を行いました。 2回目:1週間後に来院され、3日くらい恥骨の痛みはなかったとのことで、継続して施術を行いました。 3回目:1週間後に来院され、和式トイレを使った後から、恥骨の痛みが強くなったとのことで、骨盤横の筋肉へのアプローチをしっかり行い、施術後は痛みが気にならなくなっていました。 4回目:1週間後に来院され、恥骨の痛みはなくなり、骨盤も安定しており状態が良かったので、施術間隔をあけてメンテナンスに移行しました。

施術計画

担当者からのコメント

産後の骨盤の開きと捻れが強く、そのために恥骨に負担がかかって痛みを起こしている状態でした。そのため、骨盤をしっかりと閉めるアプローチを行い、骨盤の状態は安定しました。 産後の骨盤は不安定なので、骨盤ベルトは効果的です。ただし、この方のようにベルトが当たって痛い場合には、骨盤調整後に時間を絞って何かするときだけなどでも骨盤ベルトを使うと効果を感じられます。 産後の骨盤矯正をご希望の方はリガーレαカイロプラクティック新宿までご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら