メニュー
ご予約
地図

スポーツ障害

カイロプラクティックは運動時の症状改善に効果的です。また、背骨のケアは障害の予防とパフォーマンスの向上には不可欠と考えています。

運動時の様々な症状

運動時に起こる様々な症状のメカニズム

生体力学的な身体バランスの崩れ、筋肉のオーバーユース、それによる炎症が運動時に起こる様々な症状の原因です。

運動といっても様々なスポーツがありますが、どんな運動においても全身運動を行っています。

よって、一部のバランスの崩れが身体の別場所への問題を引き起こしたり、怪我につながったりもします。

また、外傷により痛みを回避する姿勢や身体の使い方によっても身体バランスが崩れます。

怪我の治癒後も、瘢痕組織などの組織の癒着により普通よりも筋肉の使い方に偏りがでる為、
これも身体バランスの崩れや、特定の筋肉への負担につながります。

偏った状態で運動を続けた結果、、負荷のかかりすぎてしまった箇所に痛みや炎症などの症状が身体のサインとして出現します。

運動される方は特に日々のストレッチに加えて、定期的なメンテナンスをおすすめ致します。

運動時の症状例

  • オーバーユース(over used)
  • 関節炎・痛
  • 腱炎
  • 靭帯断裂
  • 骨折(疲労骨折含)

「運動時の様々な症状」症例コラム一覧へ

電話で予約・問い合わせはこちら