メニュー
ご予約
地図

ランニング中に膝の皿下あたりが痛くなる(36歳女性、西新宿在住)

36歳デスクワークの女性が長年ランニング習慣があり、フルマラソンにも何回か出場しているが、今年に入ってから10キロ以上走ると膝の皿下あたりに痛みがあり、長距離を走れなくなっていたそうです。
マッサージ、整体、針など何度か通ったものの良くならず、仕事の忙しさの為に、座り続ける時間が長く、姿勢も崩れているため、背骨の調整から取り組もうと思い、カイロプラクティック院を探して、最寄の新宿西口駅から近いリガーレαカイロプラクティックを見つけて来院されました。

初回の状態

日常生活での動きに問題はない様子でしたが、立った姿勢、座った姿勢で左に偏るクセがあり、長い距離を走ると右ヒザ皿(膝蓋骨)の下内側に痛みが出ていました。 また上向き寝、膝を伸ばした状態で右膝蓋骨が内側に寄っていて、内側から外側への動きの制限がみられ、患部に圧を加えると痛みがありました。

施術後の変化

初回の施術で骨盤、股関節、膝関節の矯正を行った後に膝蓋骨周囲の筋肉の筋膜リリースおよびストレッチ、筋力トレーニングを行いました。 施術後は膝蓋骨の位置が中央に戻り、動きの制限も見られず、押したときの痛みも消失していました。 2回目:1週間後に来院され、走るときの痛みは半減したものの、不安定感を感じることがあるとのことでした。 膝蓋骨の位置はほぼ中央にあるものの、緊張感が見られたので、継続して下肢の施術を行い、合わせて猫背傾向の背中および首の矯正を行いました。 3回目:1週間後に来院され、走るときの痛みはなくなり、20キロ以上走ると違和感を感じることがあるとのことでした。 リハビリと猫背改善のメンテナンスに移行し、施術間隔をあけながら現在も通われています。

施術計画

担当者からのコメント

膝の皿のことを膝蓋骨と言いますが、膝蓋骨の動きの制限は股関節から膝に付く筋肉・じん帯の使い過ぎによる緊張から起こったというケースでした。 元々のデスクワークによる猫背姿勢に加えて、運動前後のストレッチの不足から股関節、膝関節の可動性が少なくなっていたので、そこの改善をしてもらったところ、だんだんと違和感も出なくなりました。 激しいスポーツ時ヒザの痛みが、半月板やじん帯損傷から起こる場合は明らかですが、今回のようにある一定以上負荷をかけると痛みが出る場合は骨盤、膝周囲の筋肉、関節のアンバランス、使い過ぎが原因であることが多いです。 日常生活に支障が出るほどではないけれど、膝の痛みが気になっているという方は一度、WHO基準のカイロプラクターや身体の専門家にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら