メニュー
ご予約
地図

ゴルフの後に左肩、肘の激痛が始まり3週間続いている(50代男性)

3週間前のゴルフ後から左の肩、肘の激痛、また中指の辺りまでの痺れが出てしまい、整形外科に行ったけれどもよくならず、鍼灸にいったら翌日悪化してしまったそうです。一日ずっと痛みがあるけれど、朝、出社してPCに向かった時が一番嫌な痛みを感じておられました。職場の近くにあるカイロプラクティック院を検索して、リガーレαカイロプラクティック新宿に来院されました。

初回の状態

首の曲げ伸ばしで痛みがありましたが、右手を上げると伸ばしたときの痛みは消え、首を右に曲げたり前に倒したりすると肩周りの筋肉に痛みがみられました。 うつぶせで左手の痺れが強くなり、座った姿勢で体を回旋させると腰痛ができいました。

施術後の変化

初回来院時:肩甲骨周囲の筋肉を収縮状態で軟部組織へのアプローチを行い、緊張を緩め、三角筋後部組織へのアプローチを行い、可動域を確保しました。 可動制限のある頚椎への矯正を行い、腰痛もあったので、骨盤の矯正と股関節周囲の筋肉を緩めていく施術を行いました。 2回目:(3日後に来院されました) 1回目の施術後帰りにスーっと痛みが楽になられたそうです。 腰痛も軽減され、前回に引き続き、肩関節への施術を行いました。 3回目:(1週間後に来院されました) 首と肩の痛みは少し軽減しており、腰痛はほとんど感じないまでになりました。 首を動かさなければ痛みはほとんどないけれど、可動域がいっぱいまで動かすと、痛みがまだある状態でした。 首と肩甲骨を結んでいる筋肉へのアプローチを行い、肩関節の可動域を上げる施術を行いました。 4回目:(1週間後に来院されました) 普通の肩こりレベルにまで改善されたものの、仕事が忙しいと症状が戻ってきそうな感じはありました。 背骨周囲の深部の筋肉の柔軟性をあげることで、可動域が改善されました。 施術後の主観的な痛みもほぼ気にならなくなりました。 それ以後はメンテナンスで月一度のペースに以降していきました。

施術計画

担当者からのコメント

長い期間のデスクワークによる不良姿勢によって引き起こされた症状でした。運動はしているものの、関節や筋肉のストレッチを十分していなかったこともあり、椎間板の老化により、可動性低下と合わせて引き起こされたことが考えられました。 長時間のデスクワークの方が運動をされる時は運動前の軽いストレッチと運動後のしっかり時間をかけたストレッチが大切です。また不良姿勢が続くと構造的に痛みを引き起こしやすくななります。 心当たりのある方は、ぜひリガーレαカイロプラクティック新宿にご相談ください。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら