メニュー
ご予約
地図

くしゃみをすると肩甲骨内側にひびく(40代女性、新宿区在住)

40代デスクワークのかなこさんは1週間前から肩甲骨内側に緊張を感じ、肩を後ろに引くと痛みを感じていました。くしゃみをする度に肩甲骨内側の痛みが気になり、仕事に支障が出始めて、なんとかしたいと思っていました。会社で同じチームのまなみさんの紹介でリガーレαカイロプラクティック新宿に来院しました。パソコンに向かっているねこ背の姿勢による首のハリやコメカミの痛み、目の奥の重さもあったので、合わせてカイロプラクターに相談しました。
肩甲骨、肋骨、体幹の矯正をしてもらい、初回の施術で気になっていた痛みがほぼなくなり、再発予防のため、その後3回通い、ねこ背姿勢がだいぶ良くなり、その後はメンテナンスのために月に一回程度、通うことにしています。教えてもらった姿勢改善のストレッチが効果的で、昔の悪い姿勢に戻らないように日々のストレッチが習慣になりました。


<経過>
初回:
肩関節周囲と肋骨周囲の筋緊張が強いため、関節の動きをつけて、筋肉の緊張状態を緩和させる施術を行いました。
ねこ背姿勢を改善させる脊柱への施術を行い、肋骨の可動制限改善の為の矯正および股関節への緩和操作を行いました。
肋骨の動きが改善し、横隔膜の運動がスムースにできる為、呼吸が深くできるようになりました。
施術後は咳・クシャミでの痛みは消失し、肩甲骨の動きが軽くなっていました。



2回目(7日後)

1回目の施術後は、肩甲骨内側の痛みが減って、そこまで気にせずデスクワーク仕事に取り組めたそうです。
股関節は、週の終わり頃からやや緊張が戻ってきており、継続して、肩、股関節、骨盤の矯正および、筋肉の緩和操作を行ったところ、施術後は身体が軽くなり、可動域も上がっていました。
家でのストレッチをアドバイスして施術を終了しました。



3回目(2週間後)
背骨、肋骨、骨盤の矯正を行いました。

肩甲骨内側の痛みはなくなったものの、たまに違和感を感じることがあるとのことでした。
背骨、肩甲骨、肋骨の可動制限はなくなっていたので、主訴への施術を終了し、姿勢習慣改善の為のメンテナンス施術へと移行しました。

初回の状態

デスクワーク特有のねこ背・前かがみ姿勢をしており、肩甲骨の可動域が減少しており、大胸筋の緊張傾向が強い状態でした。 また、肋骨・胸椎(肩甲骨の間の背骨)の可動性が低下し、胸椎の後湾が減少しており、合わせて股関節が硬く、腸腰筋の緊張が強く短縮傾向がみられました。

施術後の変化

肩関節周囲の緊張が強いため、関節の動きをつけて、筋肉の緊張状態を緩和させ、 前傾姿勢を改善させる施術を行いました。 肋骨の可動制限があっため、肋骨への矯正を行い、合わせて股関節への緩和操作を行いました。 施術後、クシャミでの痛みは消失し、肩の動きが軽くなっていました。

施術計画

1回目の施術後は、肩甲骨内側の痛みが減って、そこまで気にせず仕事に取り組めた。 股関節は、週の終わり頃からやや緊張が戻ってきている。 継続して、肩、股関節、骨盤への矯正および、筋肉の緩和操作を行った。 施術後は身体が軽くなり、可動域も上がった。 家でのストレッチをアドバイスして施術を終了。 3回目(2週間後) 背骨、肋骨、骨盤の矯正を行った。 肩甲骨内側の痛みはなくなったものの、たまに違和感を感じることがある。 主訴への施術を終了し、メンテナンス施術へと移行した。

担当者からのコメント

デスクワークの時間が長く、無意識に背中が丸くなりやすい患者さんでしたが、 家でのストレッチをしっかり続けて頂いたこともあり、症状が改善していく時間が比較的短くできたケースでした。 ねこ背姿勢による背骨の歪みは仕事中のクセが取れれば、早く良くなります。 肩甲骨周囲の症状でお悩みの方はWHO基準のカイロプラクターにお気軽にご相談ください。 お待ちしております。

-->
電話で予約・問い合わせはこちら